環境関連製品 浮上油回収装置

浮上油回収装置

 

クーラントタンク内の浮上油を回収する装置です。


一般的に浮上油とは、潤滑油・防錆油・不水溶性切削油・グリースといった油の総称です。
工作機械の加工液として使用されている水溶性クーラント液は、90%以上が水のため、クーラントタンクに油が混入すると、比重差により油が浮上します。

しかしながら、工作機械及びタンクの設計サイドとしては、クーラントタンクに油が混入しても、仕切り等で油がタンクの重要エリアに侵入するのを防いでいると考えられています。
しかし、油はあらゆる隙間から洩れ、仕切りを乗り越え、水と共に仕切りをくぐり、タンクのいたるところに存在しています。
その様になってしまうと、もはや回収するしかありません。
クーラント液を腐敗させ、フィルターを目詰まりさせて、加工に悪影響を及ぼします。

工作機械では機械摩耗を抑えるために潤滑油・作動油を使用します。この油は摺動面に注入され、クーラント液が掛かることで洗い流され、クーラントタンクへ混入します。

また、潤滑油以外でも加工ワークに付着している油が加工時に洗い流され混入します。混入した油は、排出されることなくタンクに浮上し膜を形成します。この膜は、クーラント液と空気を遮断し、嫌気性バクテリア(空気が嫌いなバクテリア)を大量に発生させる環境を作ります。このバクテリアはクーラント液を腐敗させ、悪臭を引き起こします。
一般的に機械加工工場で感じる鼻に着くにおいと言うのはこれが原因です。

 

浮上油は、

①悪臭の原因②現場の油汚れの原因

③加工環境を劣悪にする

④フィルター等の目詰まりの原因

⑤オイルミストの発生源

⑥ワークのベタ付き等を引き起こします。

 

 

 

≪仕様≫

機種名: 浮遊物・浮上油回収装置E-FTD
外形寸法: 505×336×1077
重量: 50kg
駆動: エアー源(標準圧力0.3MPa)
ポンプ: エア駆動ダイアフラムポンプ
最大吐出量32L/min
耐熱温度: 50℃ (高温仕様有)
対象処理液: 工作機械等の水溶性切削液
(固形物を除く)